[PR]

 大学の軍事的な研究に対する考え方などについて、朝日新聞が全国立大と大規模私立大の計116大学に実施したアンケートでは、研究指針や声明などの決まりを持つ大学は約3割にとどまった。ただ、「検討中」と回答した大学も複数あり、議論は続いている。

■検討中23校、様子見も

 今回のアンケートで大学に軍事的な研究に関する決まりが「ある」と回答した大学は116校中、35校にとどまり、「ない」が64校で全体の55%と過半数だった。「ない」と答えた大学のうち、新たに指針や声明など、大学としての見解を出すことを「検討している」は23校で36%、「検討していない」が40校で63%だった。

 「検討している」大学に対して…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも