[PR]

 帰宅途中の女性に性的暴行をしようとしたとして、佐賀県警は11日、佐賀市兵庫北3丁目、佐賀地方気象台業務・危機管理官、樋渡和浩容疑者(56)を強姦(ごうかん)未遂容疑で逮捕し、発表した。樋渡容疑者は女性と会ったことは認めているが、「乱暴はしていない」と容疑を否認しているという。

 佐賀北署によると、樋渡容疑者は5月26日午後11時半~翌27日午前1時半、佐賀市内の公園で、市内の30代女性に性的暴行を加えようとした疑いがある。2人に面識はなく、近くの路上で声をかけて公園に連れ込んだという。女性は2時間にわたって抵抗し続けたが、けがはなかった。

 福岡管区気象台総務課によると、樋渡容疑者は昨年4月に佐賀地方気象台に赴任。勤務態度に問題はなかったという。