[PR]

 東京都の小池百合子知事は11日夜、自らに近い若狭勝衆院議員とともに、民進党を離党した細野豪志衆院議員と都内で会食し、若狭、細野両氏が目指している新党の結成などについて意見交換した。小池氏は会食後、記者団に「国政の改革に励んでほしいとエールを送った」と述べた。

 3氏の会食は、若狭氏の呼びかけで初めて行われた。若狭、細野両氏が新党結成に向けて協議している政策などについて小池氏に報告。今後も3氏で協議の場を設けることを確認したという。細野氏は会食後、「知事から都政改革の話を伺った。国政でも新しい改革勢力をつくっていく必要があるとの思いを新たにした」と記者団に述べた。

 若狭氏は、小池氏が率いた地域政党「都民ファーストの会」が圧勝した7月の都議選後、政治団体「日本ファーストの会」を設立。今月16日に政治塾を開講し、年内の国政新党結成に向けた動きを加速させる方針だ。

こんなニュースも