[PR]

 国連安全保障理事会による北朝鮮への新たな制裁決議採択を受け、安倍晋三首相は12日午前、首相官邸で記者団に「格段に厳しい制裁決議が迅速に全会一致で採択されたことを高く評価する」と語り、各国が決議を厳格に履行して実効性を確保することを求めた。

 首相は「これまでにない高いレベルの圧力をかけ、北朝鮮の政策を変えさせるため、今回国際社会が連帯し、明確な意思を示すことができた」と評価した。

 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、北朝鮮への原油・石油の供給は3割減り、北朝鮮が輸出により得る外貨収入も過去の制裁決議に今回の繊維製品の輸出禁止を加えると9割減るとの米国の試算を紹介。そのうえで、菅氏は「核実験から1週間あまりの短期間で、極めて強力な決議が採択されたことを歓迎する」と述べ、中国やロシアを含めた安保理全加盟国による決議の完全な履行を求めた。

こんなニュースも