[PR]

 中東を歴訪中の河野太郎外相は11日夜(日本時間12日未明)、エジプトの首都カイロでアラブ連盟(21カ国・1機構)の外相らと初の「日アラブ政治対話」を開き、北朝鮮による核実験やミサイル発射を非難する内容などを含む共同声明を発表した。

 河野氏は会合で、北朝鮮の核・ミサイル問題を「国際社会に対する正面からの挑戦で許されざる暴挙」と非難。「日本は北朝鮮の諸懸案の包括的解決の抜け穴を防ぐ努力をしている。中東が抜け穴にならないよう協力してほしい」と呼びかけた。共同声明では北朝鮮に対し、国連安保理決議の完全な履行や朝鮮半島の非核化に向けた具体的な措置をとるよう求めた。アラブ連盟が北朝鮮非難の共同声明を出したのは初めて。

 河野氏は会合後の記者会見で「国際社会が一致して北朝鮮に対する圧力を高めていく必要性について、中東諸国の理解と支持を得られた」と評価した。

 河野氏は11日午後(日本時間11日夜)にエジプトのシュクリ外相と会談。エジプトは相互に大使館を置くなど北朝鮮との関係が深いことから、「最大限の圧力をかける必要がある」と伝え、協力を求めた。(カイロ=小野甲太郎)

こんなニュースも