[PR]

 国連安保理が北朝鮮に対する新たな制裁決議を採択したことについて、中国外務省の耿爽副報道局長は12日に談話を発表し、「北朝鮮は国際社会の反対を顧みず再び核実験を行った。中国は国連安保理が必要な措置をとることに賛同する。決議が全面的かつ完全に執行されることを望む」と表明した。一方で、「軍事的解決に活路はない。中国側は朝鮮半島で戦乱が生じることは決して許さない」と軍事的オプションもちらつかせる米国を牽制(けんせい)した。

 耿氏は談話で、「決議は同時に外交的、政治的な方法で平和的に問題を解決することも呼びかけ、関係各国が朝鮮半島情勢の緊張を緩和するための措置をとるよう強調している」と指摘し、中国の立場が決議に反映していることを強調。北朝鮮に対して「安保理決議を順守しなければならず、核・ミサイル開発を続けてはならない」と求める一方、「米韓なども情勢をさらに複雑化させる行動を避けるべきだ」と指摘した。

 さらに、米軍による高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の韓国配備についても言及し、「中国など地域国家の戦略的な安全に損害を与え、朝鮮半島の非核化推進の助けにならない」などとして改めて反対を表明した。(北京=西村大輔

こんなニュースも