[PR]

 料理に季節感や彩りを添える「つまもの」を販売する徳島県上勝町の「葉っぱビジネス」で、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使った新しい販売情報システムが本格導入される。生産者と料理店がお互いの状況をリアルタイムで把握でき、旬の葉っぱが効率よく届けられる。コミュニケーションが深まることで、新たな需要も開拓されている。

 このシステムは、葉っぱビジネスの企画や販売支援をする第三セクター「いろどり」と、築地市場の仲卸5業者が昨年6月から試験的に実施していた。

 これまでの仕組みでは、料理店は午前2時ごろまでにファクスやメールで当日分の注文を送り、仲卸業者や卸売市場、地元JAを経由して生産者に情報が伝わっていた。生産者がパソコンなどで注文を確認できるのは午前10時~11時ごろで、先着順で出荷に応じていた。正午ごろまでに作業を終えないと発送が間に合わず、良い状態のものを選ぶ余裕はないうえ、注文に応じられない「欠品」が2割程度あったという。

 新しい販売情報システムはLINEを活用。仲卸業者が注文情報を登録すると、生産者がスマートフォンで確認できる。そのため、早朝から注文に合わせた選別や収穫を始められる。時間に余裕がある分、欠品が減り、大量の注文にも応じられる。逆に、生産者はおすすめなどの情報を発信することもできる。

 生産者側と仲卸業者が結びつい…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら