[PR]

(12日、阪神5―5巨人)

 阪神の藤浪は、またも死球から崩れた。4点リードの四回無死、巨人・坂本勇の左肩付近に死球を当てた。香田投手コーチが「あの1球で変わってしまった」と言う通り、1死から村田に四球。亀井、長野に連続適時打を浴び、1点差に迫られ、降板した。藤浪は「楽な気持ちで投げられる状況を作ってもらったのに、申し訳ないです」。

 △金本監督(神) 藤浪について「(坂本勇に)ぶつけてから、腕が振れなくなった。(球が)抜け出すとダメ」。