【動画】発砲事件の現場近くに設置された防犯カメラの映像
[PR]

 12日午前10時5分ごろ、神戸市長田区五番町3丁目の路上で、指定暴力団神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)から4月に離脱した勢力でつくる任俠(にんきょう)山口組の関係者が、拳銃で頭を撃たれ死亡した。発砲した男は拳銃を持ったまま逃走した。県警は同日、殺人事件として捜査本部を設置。両組織の対立が背景にあるとみて調べている。

 死亡したのは、住所・職業不詳の楠本勇浩さん(44)。県警は組員として登録していないが、捜査関係者によると、ふだん任俠山口組の織田絆誠(よしのり)代表(50)のボディーガード役をしていたという。事件に神戸山口組の中核組織・山健組(神戸市中央区)傘下団体の組員が関与したとの情報があるといい、県警が調べている。

 暴力団対策課によると、現場の約100メートル北に織田代表の自宅があり、発砲の直前、ふだん織田代表が乗車するワゴン車を先頭に車3台が自宅を出発した。まず、男ら複数人が乗った黒色の乗用車が現場付近でこの車列に近づき、ワゴン車にぶつかったという。ワゴン車の後続車両から降りた楠本さんは、乗用車から降りた男と路上でもみあった後、撃たれた。この間にワゴン車は現場から去り、襲撃した側も逃走したという。県警は男らが織田代表を狙ってワゴン車を襲ったとみて捜査する。

 目撃者の男性によると、車を降…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら