[PR]

 小野寺五典防衛相は12日の記者会見で、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入に向け、国外にある同システムの視察に前向きな姿勢を示した。

 米軍はハワイ・カウアイ島にイージス・アショアの実験施設を持つほか、ルーマニアで実戦配備している。小野寺氏は「防衛省の職員が両施設を既に視察しており、様々な情報も取っている。私自身の視察も、今後どうするか検討していきたい」と述べた。配備時期は明示しなかったが、「最速のスケジュールで導入できるよう、必要な取り組みをしていきたい」とも述べた。

 小野寺氏は8月にワシントンで開かれた日米の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の帰り道を利用し、カウアイ島の同システムを視察する計画があったが、日程上の都合で見送っている。(相原亮)

こんなニュースも