[PR]

 陸上男子100メートルで9日、日本選手初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(21)=東洋大=がフィニッシュラインを駆け抜けた瞬間、計時された非公認の速報値は当初、「9秒99」だった。「10秒00にならんといて」。桐生本人も祈ったという記録は結果的に0秒01さらに縮まり、「9秒98」で確定した。舞台裏で何が起きていたのかを探った。

 福井市の福井運動公園陸上競技場に詰めかけた約8千人の観客のどよめきのなか、最初に「9秒99」を見た桐生には、ある記憶がよぎっていた。

 「(前日本記録保持者の)伊東浩司さんが10秒00を出したときも、最初は9秒99だった」

 速報値が直後に修正されるのは…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら