【360度動画】シリアのアレッポ城=杉本康弘撮影
[PR]

 内戦が続くシリアで、アサド政権軍が激戦の末、昨年末に完全制圧した北部の最大都市アレッポ。同地を掌握して軍事的優位を固めた政権側は、破壊された街の復興を急いでいる。だが、市民生活の実情は国連やNGOからの支援頼みで、再生への道のりは依然として険しいままだ。

 「ここでの勝利が流れを変えた。戦死者は国家を守った。次は私たち一人一人が義務を果たそう! 国家を再建しよう!」

 8月10日夜、アレッポ中心部。世界遺産のアレッポ城の前にある広場で政権側の「勝利集会」が開かれていた。政権軍幹部が「国家再建」を訴えると、集まった市民約1千人から地響きのような大歓声が上がった。アレッポではこうした「勝利集会」が、地元行政当局などの主催で毎週のように開かれている。

 約9カ月前まで、ここはアサド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら