[PR]

 コンゴ民主共和国で政府側兵士に性的暴行を受けたとされる30代女性が、東京入国管理局の難民審査参与員から「美人だったから狙われたのか」と質問されたと訴えている問題で、全国難民弁護団連絡会議(全難連)は12日、参与員制度の改善を法務省に申し入れた。審理の録音許可や参与員への苦情窓口の設置などを求めた。

 参与員は法律や国際情勢の有識者から選ばれ、難民審査の審理に参加する。今年9月1日時点で全国に89人いる。

 申入書では、ほかにも参与員から「あなたは難民として元気すぎる。本当の難民はもっと力がない」「宗教指導者として、不法滞在が宗教上の罪にあたると思わないのですか」などの不適切な発言を受けた申請者がいると指摘した。

 全難連代表の渡辺彰悟弁護士は申し入れ後の記者会見で、これらの発言は調書に記録されていないケースが多いと指摘。「難民審査の根幹にかかわるゆゆしき事態。後に検証できる仕組みが必要だ」と話した。

 コンゴ民主共和国の女性は今年3月の審理で参与員から「美人だったから狙われたのか」と質問された、と弁護士を通じて東京入管に抗議。法務省が事実関係の確認を進めている。(岡本玄、小松隆次郎