[PR]

 体長1センチほどの扁形(へんけい)動物のプラナリアは、体を真ん中で切断すると、足りない部分を再生して二匹のプラナリアになる。人間は手足を失っても、プラナリアのように生えてはこない。

 プラナリアの幹細胞は、どんな細胞でも生み出すことができる。一方、人の幹細胞は、赤血球などをつくる造血幹細胞、神経系になる神経幹細胞など、能力が限られている。だが、侮るなかれ。人の幹細胞が将来、病気やけがの治療を大きく変えるかもしれない。

 東京都内で9日に開かれた、再生医療の国際シンポジウム。日本や欧米の研究者らが競って発表したのが、血管を形成する幹細胞を使った研究成果だ。

 足の血管が詰まって壊死(えし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら