[PR]

 国内侵入や定着が心配される、強い毒を持つ外来種のヒアリ。実態をより知ってもらおうと、体長を100倍にした全長約60センチのリアルな模型が、県立人と自然の博物館(兵庫県三田市)にお目見えした。働きアリの標本をもとに形や色を再現した。橋本佳明・主任研究員は「対策は長期化する。生態など正確な情報を知って」と訴える。

 ヒアリは5月に国内で初めて尼崎市で見つかり、神戸港や博多港など各地で確認が相次ぐ。環境省も今月、相談に対応する専用ダイヤルを設けた。

 模型は、来年1月まで会期を延ばした緊急速報展「ヒアリとアカカミアリ」の追加企画。これまでヒアリの標本を展示してきたが、体長2・5~6ミリと小さく、わかりにくいことから、橋本主任研究員が京都府在住の造形作家、河野甲さんに模型の制作を依頼した。

 模型の表面はレザー仕上げで、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら