[PR]

 慶応大先端生命科学研究所の曽我朋義教授らのチームは、大腸がんの発症に関わる代謝の仕組みを解明した。大腸がんの予防や治療法の開発につながる可能性がある。

 がん細胞は正常な細胞とは異なる代謝で、生存に必要なエネルギーをつくり出していることは知られていたが、仕組みはよくわかっていなかった。チームは、香川大学病院の大腸がん患者275人からがん組織と正常な組織を採取し、代謝物の濃度を測定。遺伝子解析などで分析した。

 その結果、大腸がんの代謝は良性腫瘍(しゅよう)の段階から変化していることがわかった。また、大腸がん組織に多く現れるMYCと呼ばれるがん遺伝子を抑制すると、がん細胞の増殖が低下することを確認した。

 曽我教授は「がん細胞がどのように代謝を変化させているかは長年の謎だった。今回の成果で大腸がんの予防や治療につながると期待している」と話す。成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。(南宏美)