[PR]

 小児がんなどの重い病気で入院する子どもや家族を癒やし、実際の治療やリハビリの手助けにも活躍する「ファシリティードッグ」として、県立こども医療センター(横浜市南区)に13日、「アニー」が着任した。先代の「ベイリー」と同様に、センターの「職員」として活躍が期待されている。

 アニーはベイリーと同じオーストラリア生まれのゴールデンレトリバー種。1歳7カ月のメスで、体重は約25キロ。ハワイでの訓練を経て8月に同センターへ移り、トレーニングを続けてきた。

 同センターによると、ファシリティードッグは国内で静岡県立こども病院と同センターにしかおらず、メスはアニーが国内初。小児がんや重い病気と闘う子どもたちを支援するNPO法人「シャイン・オン・キッズ」(東京都中央区)が無償で派遣する。

 平日に毎日「出勤」して病棟を回るほか、子どもがいやがる痛い注射や手術室への付き添い、リハビリの歩行訓練での手助けなども行う。

 2012年7月に着任したベイ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら