[PR]

 プロ野球・日本ハムの大谷翔平(23)が、今季終了後にポスティングシステム(入札制度)で大リーグに挑戦する意思を固めた。複数の関係者が13日、明らかにした。

 大谷は岩手・花巻東高からドラフト1位で2013年に日本ハム入り。高校3年生のときは、プロ野球を経ずに大リーグに挑戦することを表明していた。しかし、ドラフト会議で指名した日本ハムが投手と打者の「二刀流」の育成方針を提案して、プロ入りを決断した経緯がある。

 日本ハムは、大谷の入団時から将来的な大リーグ挑戦について理解を示していた。昨季終了後の契約更改交渉では、「大リーグへの移籍を望む場合は、意思を尊重する」と初めて本人に伝え、大谷が希望する時期でのポスティング移籍を容認していた。

 プロ5年の通算成績は12日時点で、投手として40勝(15敗)を挙げ、打者では47本塁打を記録している。

 現在、大リーグは新しい労使協定により、米国、カナダ、プエルトリコを除く25歳未満、プロリーグ所属6年未満の外国選手が大リーグに移籍する場合は、マイナー契約しか結べなくなっており、この協定は大谷にも適用される。(山下弘展)

こんなニュースも