[PR]

■てんでんこ:音楽の力23

 夕暮れどき。ろうそくと懐中電灯だけが頼りの薄暗い体育館に、沖縄の伝統楽器「三線(さんしん)」のやわらかな音が流れる。

 避難所となった宮城県南三陸町の志津川高には被災者約300人が身を寄せていた。津波で町職員の夫(当時53)を亡くし、自宅も流された内海明美(うつみあけみ)(45)は、癒やしの調べに自然と涙がこぼれた。

 東日本大震災の直後、陸上自衛…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら