[PR]

 民進党の鈴木義弘衆院議員(比例北関東)は13日、党本部に離党届を提出した。鈴木氏はすでに民進党を離党した細野豪志元環境相と連携する方針で、午後に記者会見し、離党の理由や今後の活動について説明する。

 民進党の大島敦幹事長は12日、離党を検討している衆院議員5人のうち鈴木氏ら2人と会談し慰留したが、鈴木氏は離党の意向を変えず、説得は不調に終わった。

 鈴木氏は埼玉県議から2012年の衆院選で、日本維新の会から立候補して初当選。16年3月の民進党結党に加わり、細野氏のグループに属していた。