[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査で、原子力規制委員会は13日の定例会で、東電が原発を運転する適格性について議論し、条件付きで適格性を認めた。規制委は技術的な課題はすでにクリアしていると判断しており、柏崎刈羽原発の安全対策が新規制基準に適合すると認める審査書案を公表することを決めた。公表後、1カ月間の意見募集を経て、正式に決定する。

 福島第一原発事故後、東電の原発の基準適合が認められれば初の例となる。福島第一と炉型が同じ沸騰水型の適合も初めて。

 この日の議論で、東電が「経済性を優先して安全をおろそかにしない」などとした安全姿勢について、法が定める原発の保安規定に明記させて審査するとし、認めた後でも実際に実行されているかを規制委として監督。これらが満たされない場合は再稼働を認めないことを確認した。今後、東電の小早川智明社長を規制委に呼び、保安規定に明記することを要求する。

 また、福島第一原発の廃炉をめぐって規制委が「東電の主体性が見えない」と批判していた問題について、東電を所管する経済産業相が、規制委に対する東電の回答に異論がなく、その順守を指導監督する意向を明確に示すことを適格性を認める条件とした。

 規制委は、こうした条件が満たされるのを前提に、東電の適格性を了承した。

 東電の技術力については、「原…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら