[PR]

 チャイルドシートを使わずに車に乗っていて亡くなったり重傷を負ったりした6歳未満の子どものうち、約4割は、大人が使うシートベルトを締めるか、抱っこされていた。昨年までの5年間に子どもが巻き込まれた交通事故の詳細を、警察庁が初めて分析した。警察庁は抱っこなどについて「命を守るための対策に見えても、実は効果が薄い」として、チャイルドシートの適正な使用の徹底を呼びかけている。

 警察庁によると、2012~16年に車の交通事故で亡くなった6歳未満の子どもは56人で、約7割の40人はチャイルドシートを使っていなかった。全ての死傷者に占める割合は、使っていた場合に比べて7・9倍高かった。

 警察庁は重傷を負ったり亡くなったりした子どものうち、チャイルドシートを使っていなかった計199人がどんな状態で車に乗っていたかを調査した。シートベルトを締めずに座っていたのが29%と最も多かった。23%が抱っこされ、18%は大人が使うシートベルトを締めていた。

 運転者と子どもとの関係についても調べた。約7割が運転者の子どもで、2割近くは孫だった。警察庁は「身近な大人の意識次第で子どもの安全を守ることができる」と指摘する。

 道路交通法は6歳未満の子どものチャイルドシート使用を義務づけている。不使用に罰金や反則金はないが、減点される。警察庁と日本自動車連盟(JAF)の今年4月の調査では使用率は約6割。00年の義務化以降、使用率はほぼ横ばいで伸び悩んでいる。(浦野直樹)