[PR]

 JR北海道は13日、道内と青森県内の101市町村の観光名所などをあしらった「わがまちご当地入場券」(1枚170円)の一部を、コンビニのセイコーマートでも販売すると発表した。「現地に赴いたのに買えなかった」という苦情が寄せられたため。稚内など23駅の入場券について、15日から近くのセコマで買えるようにする。

 入場券は7月、札幌や稚内など81駅で発売を開始した。沿線の風景・発行駅名が書かれた「駅スタンプ」が表面に、裏面には観光名所などが描かれている。インターネットや郵送の販売はしていない。現地の「みどりの窓口」や役場などに足を運ばないと買えない「レア感」が売りだ。わずか2カ月で、販売枚数は12万枚を超えた。

 セコマで買えるようになる23駅は稚内のほか、留萌、白糠、芽室、摩周、音威子府など。(鯨岡仁