[PR]

 12日午後3時45分ごろ、長野県宮田村の路上で、徒歩で下校中だった小学生の男児が、車の助手席に乗った男から「ダーツの旅で来てるんですが、村に面白いところないですか」と声をかけられた。車はそのまま立ち去り、男児にけがなどはなかった。

 県警駒ケ根署は、日本テレビ系の番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の人気コーナー「ダーツの旅」の関係者を装った不審者とみて、注意を呼びかけている。

 署によると、男は30~40歳くらいで、小豆色の軽乗用車に乗っていた。男児が帰宅後に保護者に話し、保護者が署に届け出た。署は他に同様の事案を把握していないという。

 ダーツの旅は、ダーツが刺さった場所へスタッフが出向き、そこに住む人々の素顔に光を当てる、20年以上続く長寿バラエティー。

 日本テレビ広報部は、宮田村で12日に取材した事実はないとしたうえで「過去にも同じような事案があったと聞いており、残念なこと。取材を受ける際に不審な点があった場合には、身分証の提示を求めてほしい」としている。(津田六平)