[PR]

 地球温暖化が進むと、台風の規模が今世紀末には現在より約2割大きくなる可能性があることが、海洋研究開発機構や東京大などの研究でわかった。スーパーコンピューター「京(けい)」を使って試算した成果が14日、米専門誌に掲載された。

 温暖化による影響の試算では、勢力が強い台風やハリケーン、サイクロンの割合が増えて熱エネルギーが奪われるため、発生数は減ると考えられている。ただ、計算が複雑で個々の台風の構造がどう変わるかは不明だった。

 海洋機構の山田洋平博士研究員らは「京」を使って高い精度で試算。1辺14キロの正三角形で覆った球体で地球を再現し、現在(1979~2008年)と、温暖化で海面の平均水温が1・3度上昇した今世紀末(2075~2104年)の台風を比べた。

 その結果、発生数は23%減り、最低中心気圧が945ヘクトパスカル以下の強い台風の発生数は7%増。降水量は12%増えていた。強い台風では風速12メートル以上の強い風が吹く範囲は約23%増えた。温暖化によって積乱雲状の雲が発達できる高度の限度が高くなり、台風を構成する雲が巨大化。雲ができる時に生じる熱で空気が膨張する体積も増えるために気圧が下がり、強い風が吹く面積が現在より広がるという。

 今後開発される京の後継機では計算力が上がり、より精緻(せいち)な台風の研究が可能になるといい、山田さんは「季節ごとの台風の増減など生活への影響も調べていきたい」と話している。

 成果は「Journal of Climate」のサイト(http://journals.ametsoc.org/doi/abs/10.1175/JCLI-D-17-0068.1別ウインドウで開きます)に掲載された。(竹野内崇宏)