[PR]

 日本海などで北朝鮮の弾道ミサイルの発射を警戒している米海軍のイージス艦に対し、海上自衛隊の補給艦が5月以降、燃料を補給していたことが分かった。安全保障関連法の施行を受け、「日米物品役務相互提供協定(ACSA)」が改定されて4月に発効し、可能になった新任務。複数の政府関係者が明らかにした。

 政府関係者によると、海自補給艦「ましゅう」などが日本海でミサイル警戒にあたっている海自のイージス艦に補給した際などに、数回にわたって周辺の海域に展開している米海軍のイージス艦にも給油したという。

 北朝鮮がミサイル発射を繰り返…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも