[PR]

 名古屋市熱田区の熱田神宮で14日、七五三の縁起物「福笹飴(ふくささあめ)」づくりの仕上げ作業があった。一般には千歳飴(ちとせあめ)と呼ばれ、今年は2万1千セット作るという。神職やみこら約100人が、絵馬や鈴がつけられた笹の小枝に飴が入った袋をくくりつけた。

 参加した同市瑞穂区の堀内美芳さん(71)は「福笹飴を作ると秋が来たなと思います。子どもたちが喜んでくれたら」と話した。(浪間新太)