[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が争点となる名護市長選(来年2月4日投開票)で、安倍政権が擁立候補の再検討を始めた。来年秋の県知事選の前哨戦として重要視。すでに自民党の地元組織は候補を決めているが、政権は「勝てる候補」への差し替えをさぐっている。

 普天間移設問題を担当する菅義偉官房長官は同市長選に強い関心を示す。先月29日に首相官邸で沖縄県連幹部らと面会した際にも、「公明と一緒にやれる候補を」と差し替えを検討するよう求めた。

 自民の名護市支部は7月に渡具知武豊(とぐちたけとよ)市議(56)の擁立を決定し、党県連に推薦を申請中だ。渡具知氏は移設反対を掲げて3選を目指す稲嶺進市長(72)と対立してきたため、「移設容認派」のイメージが色濃い。

 問題は、公明党県本部が渡具知…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら