[PR]

(14日、広島5―4DeNA)

 今季最多3万2324人が詰めかけたマツダスタジアム。その熱が異様なほどに高まったのは同点の八回。救援の今村が無死満塁を招きながら2死までこぎつけた。同じ頃、甲子園で阪神が巨人に追いつかれた。広島の勝利と阪神の敗戦が優勝決定の条件だ。今村が投球をためらうほどの、どよめきが客席から起こる。そして、倉本を遊直に打ちとった。

 これで流れはもう広島だ。その裏、強打者たちが舞台を整えていく。先頭の丸が中堅左へはじき返し、二塁を陥れた。次打者は松山。故障離脱した鈴木に代わって4番を張る左打者は、152キロを振り切って中前へ落とす。

 この連打から築いた1死満塁で打席に立ったのも、広島ならではの打者。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー出身で、今季途中に育成から支配下契約となった25歳のバティスタだ。右翼へ鋭い犠飛を放ち、決勝点を奪った。

 昨年と同じく独走で、ゴールテープを切ろうとしている。他球団は、その層の厚さをうらやんできたが、この日10号を放ったバティスタも含めて自前で育て上げた選手で、この強力なチームは出来上がっている。

 先に勝利を決め、選手たちはベンチから、センターのビジョンに映される甲子園の試合の中継を見た。阪神が敗戦を免れ、この日の胴上げはなくなった。緒方監督は言った。「ファンの後押しを受け、最後まで力を振り絞ってくれた。うちらしい試合が出来た。やることはやった。相手にも意地がある。また次、決めればいい」(竹田竜世)

 ○緒方監督(広) 先に勝利を決め、甲子園の阪神戦の経過を見守る。「なかなかない。なんとも言えない時間だった」

 ○松山(広) ソロを含む3安打2打点。「あさって(16日)の試合も今日のような仕事ができるようにしたい」

 ○バティスタ(広) 四回にソロを放ち、八回は決勝の右犠飛。「今日は優勝できなかったけど、打撃はよかった」