[PR]

 2020年東京五輪の野球の大会方式を巡って対立する組織委員会と世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が13日、国際オリンピック委員会(IOC)も交えリマで会談したが、物別れに終わった。組織委は11月末までの決着を望むが、見通しは立っていない。

 会談開始から約2時間。報道陣の前に姿を現したWBSCのフラッカリ会長は不機嫌だった。普段は気さくで、前日も冗談を交えながら野球談議に花を咲かせたが「いいニュースはない」の一言。状況が進まないことへのいらだちからか、IOCのマコネル競技部長も険しい表情で会場を後にした。組織委の武藤敏郎事務総長は「非常に忌憚(きたん)のない意見を交換できた」と話し、激しい応酬があったことをうかがわせた。

 問題なのは1次リーグの方式。WBSCは参加6チームによる総当たりの計15試合を希望しているが、組織委は経費抑制のため3チームずつ2組に分け計6試合とする方針で、この日も溝は埋まらなかった。

 WBSCは総当たり制になれば日本戦が増え、黒字と主張するが、組織委の試算では、総当たりにすると輸送費など経費が収入を上回り、「無視できない差が出る」という。

 会場は横浜、福島の2カ所ですでに合意している。(遠田寛生)

こんなニュースも