[PR]

 偽の旧1万円札が海外から持ち込まれたり、実際に使われたりする事件は度々起きている。中部空港では2015年、愛知県の会社役員ら2人が108枚を持ち込んだとして、偽造通貨輸入の疑いで逮捕された。07年には、東京や福岡など5都県で約2100枚が見つかり、中国から持ち込んで使ったとして70代の男が福岡地裁で実刑判決を受けている。いずれも1986年に発行停止した「聖徳太子」の旧1万円札だった。

 日本銀行や国立印刷局などによると、既に発行が停止された紙幣のうち、現在も有効なものは18種類。古くても額面通りの価値があり、日銀の本支店や民間の金融機関に持ち込めば、窓口で現行紙幣と交換できる。

 旧札の偽札がつくられる理由は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら