[PR]

 プロ野球・広島カープのリーグ優勝で、広島県内にもたらされる経済効果は401億円にのぼる――。そんな試算を宮本勝浩・関西大名誉教授がまとめた。観客数が増えたことなどから、25年ぶりの優勝となった昨年の経済効果を70億円ほど上回る見込みという。

 宮本氏によると、主催試合の観客動員が好調で、入場料や応援グッズといった消費が、優勝していなかった時期と比べて今季は57億円増えると計算。百貨店や商店街の優勝セールなどを121億円、優勝決定前後にあげる祝杯の経済効果を30億円と見積もった。順位に応じて金利が上乗せされる地元のもみじ銀行の「カープV預金」も人気で、88億円が新たな投資に向けられるとし、優勝パレードや関連業者らへの波及も見込んだ。

 宮本氏は経済効果の研究で知られ、昨年の優勝時の効果は331億円と計算していた。今年は祝杯効果を加えたうえ、「カープ女子」と呼ばれる女性ファンの増加も考慮。観客動員やカープV預金が昨年を上回る好調ぶりとなっていることが大きいという。

 宮本氏は「チームの勢いが続き、県民の期待もさらに盛り上がっているようだ」と話した。