【動画】イグ・ノーベル賞の授賞式で公表された吉澤和徳・北海道大准教授らのビデオメッセージ=吉澤准教授提供
[PR]

 雄雌が入れ替わった虫の生態の研究で「イグ・ノーベル賞」を受賞した、吉澤和徳・北海道大准教授(46)、上村佳孝・慶応大准教授(40)らは14日、米ハーバード大であった授賞式を欠席し、代わりに動画でメッセージを寄せた。

 吉澤さんらチームは8月上旬から、雌がペニスに似た器官を持つ「トリカへチャタテ」と似た昆虫を探し、四国や九州の洞窟を巡っている。高知県の洞窟で撮影した動画メッセージが授賞式で披露された。

 「受賞はとてもうれしい。ペニスは世界中のどの辞書にも『雄の構造』と書いている。我々の発見はたくさんの辞書を時代遅れにした。では、変な虫を探しに行ってきます」とユーモアを交えながら、喜びを語った。

 吉澤さんは朝日新聞の取材に対し、「『女の子におちんちんがついていた』と子どもにもわかりやすい驚きがあるし、素直に面白い研究だと思っている。私たちの性に対するイメージを一変させ、進化や性の選択といった研究に重要な意味もある」。上村さんは「生物学的に雄とは何か、雌とは何か、考えさせられるような虫。生物の性の多様性に多くの方が興味を持ってくれればうれしい」と話した。(森本未紀、小堀龍之)

過去10年に日本人が受賞したイグ・ノーベル賞

2007年 化学賞   牛のふんからバニラの香り成分を抽出

08年 認知科学賞 粘菌にパズルを解く能力を発見

09年 生物学賞  パンダのふんから採取した微生物で生ゴミを90%削減

10年 交通計画賞 粘菌を用いて最適な鉄道網を構築

11年 化学賞   わさびを使った警報装置の開発

12年 音響学賞  相手の発言を妨害する装置の発明

13年 化学賞   たまねぎを切ると涙が出る仕組み解明

    医学賞   心臓移植したマウスにオペラを聴かせて延命効果

14年 物理学賞  バナナの皮を踏んだときの滑りやすさの解明

15年 医学賞   キスによるアレルギー反応の改善効果

16年 知覚賞   「股のぞき効果」を実証

関連ニュース