[PR]

 40年余り前に建てられた大阪府営住宅1棟が、建築基準法に違反していた可能性があることがわかり、大阪府が取り壊す方向で検討を始めた。周囲への日影の影響を抑えるための「日影規制」に抵触すると判断されたためだ。

 違反の可能性が指摘されたのは、堺市南区の府営住宅「赤坂台3丁」にある1棟。1973年に完成した5階建てで、全30戸のうち10世帯が入居している。

 大阪府が住宅のエレベーター設置工事を計画し、管轄する堺市に建物の建築基準の確認を求めたところ、今年7月に日影規制違反の可能性があることがわかった。エレベーターの有無にかかわらず、現状でも「敷地の境界から10メートル超の範囲の日影は2時間まで」との基準を超えていたという。

 ただ、この住宅では98年に増築工事をしており、当時も大阪府が堺市に確認を求めて違反が認められなかった経緯がある。その後、建物の大きさは変わっていないため、増築によって違反建築物になった可能性があるという。大阪府によると「詳しい資料が残っておらず、当時、府や堺市でどのような手続きだったかわからない」という。

 日影ができるのは敷地の隣を通る緑道。「周囲の居住環境を害する恐れがない」などの場合は規制を適用しないという規定があるため、大阪府は「住民がいない場所にできる日影なので例外扱いにしてほしい」と訴えたが、堺市は「緑道に集う人々の環境に影響がある」と認めなかった。

 違反の可能性がある状況は放置できないとして、大阪府は対応を検討。取り壊しとなれば、入居者に同意を得て退去してもらい、移転費用なども補償する考えだ。「20年も経ってこんなことになるなんて」と担当者は嘆いている。(佐藤恵子、大隈崇)