[PR]

 気象庁によると、非常に強い台風18号は15日午前、東シナ海をゆっくり北寄りに進んでおり、勢力を維持したまま九州付近に上陸する恐れがある。週末の3連休にかけて列島を縦断するとみられ、各地で暴風や大雨への警戒が必要となる。

 同庁によると、15日正午時点で、中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。16日には九州付近に接近し、17日に上陸する恐れがある。その後は日本列島を縦断し、関東には17日午後に接近するとみられる。

 気象情報会社「ウェザーニューズ」によると九州、近畿、東海は16日昼過ぎから17日夜にかけて暴風雨など悪天候となる予想。関東は17日午前中から18日朝まで、北陸と東北南部は17日昼から18日午前中まで。東北北部から北海道は17日夜から18日午後にかけて荒れた天候となる。

 また、台風の北側には秋雨前線が停滞していて、東日本の太平洋側など広い範囲で台風の接近前から大雨や強風、落雷に注意が必要という。

 気象庁は特に強い台風について、強度を3段階で表示しているが、今回は今のところ上から2番目の「非常に強い」(最大風速44~54メートル)だ。一般に、風速が50メートルを超えると電柱や木造家屋が倒れたり走行中のトラックが横転したりする恐れがある。(山本孝興)