[PR]

 群馬、埼玉両県の総菜店「でりしゃす」の総菜を食べた男女21人が腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染し、女児(3)が死亡した問題で、群馬県は近く県内の系列店の立ち入り検査に乗り出す。感染源や感染ルートの特定は難航しており、保健所は菌が用具などを介して広がる「二次汚染」の可能性も指摘する。専門家が警戒を呼びかけるなか、対策を強化する動きも出ている。

群馬県、立ち入り検査へ

 「二次汚染の可能性が強くなったのではないか」。前橋市保健所の担当者は13日の記者会見で、継続調査が必要としつつ、こうした見方を示した。

 死亡した女児(3)は8月11…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら