[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)の総会で、2024年夏季五輪の開催都市はパリ、28年大会はロサンゼルス(米)に決まった。異例となる2都市同時決定を、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)も歓迎する。20年東京大会で復活する野球・ソフトボールが、引き続き五輪に残る可能性が高まったからだ。

 13日の決定を受け、WBSCのフラッカリ会長は「東京以降も五輪に戻ってきたいわれわれにとっても、最高の2都市になった」と声明を出した。

 野球・ソフトボールは、開催都市提案による追加競技として、20年の東京大会に選ばれた。しかし、1大会限りの処置で、次大会に選ばれる確証はない。

 そんななか、ロサンゼルスの存在と開催の順番は渡りに船だ。同市を本拠地にするドジャースなど米国には世界最高峰といわれる大リーグがある。野球人気は高く、28年大会の追加競技入りは堅いといえる。

 そのロサンゼルスの前にパリが入った。働きかけはこれからだが、IOC理事で、WBSCのカルシュミット副会長は3大会連続で残る好機とみる。「五輪では継続性が大事で、みんな分かっていると思う。誰も穴をつくりたくない」

 フランスは、WBSCのランキングで男子野球、女子ソフトボールともに現在24位(14日現在)。しかし、フラッカリ会長は「パリで世界最高の大会を開く準備は整った。フランス代表チームの強化も手伝っていきたい」と成長ぶりを感じていた。欧州野球を題材とした雑誌「EBM」などによると、パリ市内にフランス代表の強化拠点となる施設をつくる構想もある。(遠田寛生)