[PR]

 北朝鮮は15日午前7時ごろ、平壌近郊の順安(スナン)地区からミサイルを東方向に発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。日本への着弾の可能性を知らせる全国瞬時警報システム(Jアラート)によれば、ミサイルは午前7時過ぎ、北海道地方から太平洋へ通過した模様だ。米韓などがミサイルの種類などを分析している。(ソウル=武田肇