[PR]

 菅義偉官房長官は15日午前7時30分過ぎ、首相官邸で緊急の記者会見を行い、「本日午前6時57分ごろ、北朝鮮西岸より1発の弾道ミサイルが北東方向に発射された。7時4分から7時6分ごろ、北海道上空を通過し、7時16分ごろに襟裳岬の東約2千キロメートルの太平洋上に落下したと推定される」と発表した。日本の領域への落下物は確認されておらず、付近を航行する航空機や船舶への被害情報も寄せられていないという。

 菅氏は「繰り返される北朝鮮による度を越した挑発行動を断じて容認できず、北朝鮮に対して厳重に抗議を行い、日本国民の強い憤りを伝え、最も強い言葉で非難した。国民の安全安心の確保のために万全を尽くす」と述べた。国家安全保障会議(NSC)を早急に開催し、情報分析を行い、対応を協議するとした。

 インドから政府専用機で帰国する途中の安倍晋三首相にも報告。首相からは情報収集・分析に全力を挙げる▽国民への迅速、的確な情報提供を行う▽不測の事態に備え、万全の態勢をとる▽米国や韓国など関係諸国と連携し、緊張感をもって必要な対応を適時適切に行う――などの指示があったという。

 日本政府は、ミサイル発射直後に全国瞬時警報システム(Jアラート)で国民に情報を伝え、避難を呼びかけた。