[PR]

 岡山市内で昨年5月、指定暴力団神戸山口組系池田組若頭の高木忠幹部(当時55)を射殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた指定暴力団山口組傘下の元組員、山本英之被告(33)=愛知県半田市=の控訴審判決が15日、広島高裁岡山支部であった。長井秀典裁判長は求刑通り無期懲役とした一審・岡山地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 被告側は一審判決が「組織的な動機に基づいた犯行」と認定したことについて「個人的な動機だった」と否定。自首が事件解明につながったとして、量刑不当を訴えていた。これに対し、長井裁判長は「所属する暴力団組織への忠誠心を満足させるためであり、組織的な動機と評価し、誤りはない」と指摘した。入念に準備された計画的犯行で、強固な殺意が認められるなど、自首したことを踏まえても、量刑が重すぎるとは言えないと結論づけた。

 判決によると、山本被告は昨年5月31日午前9時50分ごろ、岡山市南区の駐車場で回転式拳銃を発射し、3発を高木幹部に命中させて殺害した。