【動画】名前が「シャンシャン(香香)」と決まったパンダの赤ちゃん=東京動物園協会提供
[PR]

 東京都立上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前がシャンシャン(香香)に決まった。応募総数32万2581通の中から外部も交えた選考委員会が8点に絞り込み、小池百合子知事が最終決定した。

 小池知事は25日に都庁で記者会見し「呼びやすく、花が開くような明るいイメージ」と話した。「香」は中国で「人気がある」との意味もあるという。

 応募が最も多かった名前はルンルン(1万2154通)で、メイメイ(1万1191通)、ノンノン(7854通)が続いた。ただ他のパンダに名付けられていたり、商標登録されていたりしたため対象から外れ、選考委がそのほかから8点を選び、最も多かったシャンシャン(5161通)に決まった。

 シャンシャンは6月12日に父親のリーリー(力力)と母親のシンシン(真真)の間に生まれた。150グラムだった体重は6キロを超え、よちよち歩きができるようになった。

 母子のお披露目は生後6カ月を迎える12月の予定。上野動物園生まれのパンダで公開まで育てば、1986年のトントン(童童、メス)、88年のユウユウ(悠悠、オス)に続き、3頭目となる。(西村奈緒美)