[PR]

 小野寺五典防衛相は15日午前、防衛省で記者団に対し、今回北朝鮮が発射したミサイルの飛距離は3700キロ、高度800キロだったことを明らかにし、「グアムに十分届く飛距離」であるとの認識を示した。また、ミサイルの種類は「火星(ファソン)12」と同じ中距離弾道ミサイルとみられ、「性能を確実に向上させている」との見方を示した。

 また、米国のマティス国防長官と電話協議し、目に見える圧力をかけることで一致した。