[PR]

 愛知県と名古屋市は15日、2026年に共催するアジア競技大会について25日までに予定していた「開催都市契約」の締結を来年3月25日まで延期することで、アジア・オリンピック評議会(OCA)と合意した、と発表した。場合によっては、さらに半年後の来年9月まで延ばせる。

 県市は開催経費が膨らむ恐れがあるとして、OCAが示した契約案の修正を主張。交渉の期間を確保するため、締結延期を求めていた。20日にトルクメニスタンで開かれるOCA総会で、延期に関する変更契約を結ぶという。