[PR]

 安倍内閣は15日、臨時国会を今月28日に召集する方針を決めた。15日午後、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて開く与野党幹事長・国対委員長らの会談で、与党側から野党側に伝える。

 自民、公明両党は当初、25日の召集を軸に検討を進めていた。だが国連総会出席のため訪米する安倍晋三首相が、北朝鮮情勢をめぐって現地に一定期間滞在して各国の首脳と会談する方向で調整に入ったため、召集日程に余裕を持たせることにした。

 臨時国会では、首相の所信表明演説に続き、10月2日から4日まで衆参で代表質問が行われる見通しだ。10月22日投開票で3選挙区で行われる衆院補選を見据え、厳しい論戦も予想される。

 与党はまた、臨時国会冒頭で北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難する決議を衆参両院の本会議で採択することも目指している。

こんなニュースも