[PR]

 非常に強い台風18号は15日、東シナ海を北寄りにゆっくり進んだ。気象庁によると、今後は東に進路を変え、17日には九州に接近、上陸する恐れがある。その後は日本列島を北上するとみられ、3連休は広い範囲で大雨や暴風に警戒が必要になる。

 気象庁によると、16日午前0時時点で中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。九州に接近した後、日本列島に沿って北上し、18日午前には東北地方に達するとみられる。

 台風の北側には前線があり、南からの暖かく湿った空気が流れ込みやすくなっている。このため、台風本体の雨雲のほか、活発化した前線の影響で大雨の期間が長引く見通しだ。

 16日は西日本から東日本の広い範囲で大雨となり、台風の東側では特に激しく降りそうだ。また、18日にかけては台風本体の雨雲の影響で、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る場所が局地的に出る。潮位が高い時期とも重なり、中国、四国や近畿の瀬戸内海沿岸では高潮にも注意が必要だ。

 台風は日本列島に近づくと速度を上げるため、進路にあたる地域では雨や風が急に強まる恐れがある。気象庁は早めの対応を呼びかけ、同庁や各自治体が出す情報に注意するよう呼びかけている。