[PR]

 神奈川県平塚市で小学6年の男児(当時12)が2014年、図工の授業中に公道で絵を描いていたところ、車にひかれて死亡した事故をめぐり、遺族が県や市などに約9千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、横浜地裁小田原支部であった。栗原洋三裁判長は、担任教諭の過失を認め、県と市が車の運転者と連帯して7270万円を支払うよう命じた。

 事故は14年10月、同市立土屋小学校の正門前の公道で起きた。判決によると、男児が道路にしゃがんで絵を描いていたところ、別の児童を迎えに来た保護者の車にひかれ、内出血性ショックで死亡した。判決は「担任教諭は公道で絵を描くことを認めれば、事故に遭う可能性を容易に予見できた」と認定。にもかかわらず、安全措置を取らずに校外での写生を許可したとして、学校設置者の市と、教諭の給与を負担する県も責任を負うとした。

 同市教委は「判決を重く受け止める。内容を精査して今後の対応を考える」とコメントを出した。市教委は今年7月、事故の原因などを検証する第三者調査委員会を設置すると発表していた。(遠藤雄二)