[PR]

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは15日(日本時間16日)、米ユタ州ソルトレークシティーで第2日が行われ、女子ショートプログラム(SP)で、ともに今季シニアデビューとなる本田真凜(まりん、大阪・関大高)と坂本花織(神戸ク)は明暗が分かれた。本田はミスなく滑りきって、自己ベストまで1・45点に迫る66・90点で首位に立った。坂本は転倒があり、56・82点で5位だった。カレン・チェン(米)が66・18点で2位、3位は63・81点の長洲未来(米)。

 男子フリーは、ネーサン・チェン(米)がSPに続いて1位となり、合計275・04点で優勝した。無良崇人(洋菓子のヒロタ)はジャンプで崩れ、総合7位に沈んだ。友野一希(同大)がフリー155・42点で自己ベストを約10点更新。総合5位に入った。アイスダンスのショートダンス(SD)の村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)は60・00点で2位と好発進。ペアはフリーがあり、須藤澄玲(神奈川ク)、フランシス・ブードロオデ(カナダ)組が8位。合計153・60点で総合8位だった。

衣装をホテルに忘れて

 リンクに入る15分前、荷物を開いて本田は青ざめた。「やばい。ハンガーに掛けたまま」。しわにならないようにと思い、直前に詰めようと思っていた衣装をホテルに忘れていた。

 急いで取りに行ってもらい、届いたのは演技直前、6分間練習が始まる3分前。それまで頭の中を支配していた「どういう演技をしようか」「(標高の)高さが気になる」という考えが吹っ飛んだ。

 「衣装が届いたことがうれしくて。シニアデビューの演技だーとうれしくて」にこやかに滑り始めた。序盤の連続3回転も、後半の二つのジャンプも、きれいに決まった。投げキスをするようなしぐさでフィニッシュすると、「よかった~というポーズ」と、ゆっくり伸びをするように両手を突き上げた。

 普段、衣装に着替えるのはもっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら