[PR]

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは15日(日本時間16日)、米ユタ州ソルトレークシティーで第2日が行われた。女子ショートプログラム(SP)があり、ともに今季シニアデビューとなる本田真凜(まりん、大阪・関大高)と坂本花織(神戸ク)は明暗が分かれた。本田は大きなミスなく滑りきって、自己ベストまで1・45点に迫る66・90点で首位に立った。坂本は、転倒があり、56・82点で5位だった。カレン・チェン(米)が66・18点で2位、3位は63・81点の長洲未来(米)。

 本田は直前まで焦っていた。衣装をホテルに忘れ、15分前に気づいた。急いで取りに行ってもらい、届いたのは本番直前の6分間練習の3分前。「どういう演技をしたいかを考えていたが、吹っ飛びました」。だが、逆に緊張がほぐれて滑りきり、「よかった~っていうポーズ」と最後は両手を突き上げた。

 坂本は「緊張しすぎました。いつもテレビで見ている人たちと戦うのが初めてで、自分を見失った」。後半に詰め込んだ三つのジャンプ要素のうちの一つで尻もちをついてしまった。

 アイスダンスのショートダンス(SD)の村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)は60・00点で2位と好発進した。ペアはフリーがあり、須藤澄玲(神奈川ク)、フランシス・ブードロオデ(カナダ)組が103・00点で8位。合計153・60点で総合8位だった。(後藤太輔