[PR]

 北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は15日午後(日本時間16日早朝)、ニューヨークの国連本部で非公開の緊急会合を開き、相次ぐ発射を「極めて挑発的」と強く非難する報道声明を発表した。日米は北朝鮮に対する圧力継続を訴えたが、ロシアは対話の重要性を強調するなど改めて溝があらわになった。

 会合は日米韓3カ国が開催を要請した。会合後、議長国エチオピアのアレム国連大使が声明を記者団の前で読み上げた。

 安保理は北朝鮮の6回目の核実験を受け、11日に北朝鮮への石油の輸出制限などを盛り込んだ制裁決議を採択したばかり。声明は今回の発射が「採択のわずか3日後」で、「日本の上空を通過した」とも明記した。北朝鮮に対しては「常軌を逸した行為」の即時停止を要求。加盟国には一連の制裁を「完全、包括的かつ迅速に履行しなければならない」と求めた。

 声明は「対話を通じた平和的で包括的な解決を促進するメンバー国の努力を歓迎する」との安保理の立場も示し、対話重視のロシアや中国にも配慮した。

 会合後、日本の別所浩郎・国連…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら