[PR]

 台風18号は16日の昼にかけ、九州南西の海上をゆっくりと北東に進んだ。気象庁によると、台風の接近や前線の影響で、午後は西日本を中心に広い範囲で大雨になる見通し。台風は17日朝にも九州に接近、上陸する恐れがあり、同庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、16日正午時点で、中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。今後も勢力を維持したまま九州に接近し、その後は日本列島を北上するとみられる。

 日本の南にある前線に湿った空気が流れ込むため、台風の接近前から西日本や東日本の太平洋側で大雨となり、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがある。

 また、前線の雨雲の後に台風の雨雲が近づいてくる。九州などでは前線の雨雲が離れていったん天候が回復する地域もあるが、その後も台風による暴風や大雨に警戒が必要となる。

 各地の17日午前6時までの24時間の予想雨量は多いところで、東海で350ミリ、近畿で300ミリ、九州南部と四国で250ミリ、九州北部で120ミリ、中国地方で100~200ミリ。九州北部豪雨や熊本地震の被災地では、18日午前6時までの24時間の予想雨量が300~400ミリに達するところがあり、土砂災害などに警戒が必要だ。(山本孝興)

どうする? 台風への備え

【大雨、風が強くなる前に】

・窓や雨戸はしっかり閉め、カギをかける

・風で飛ばされそうなものは、固定するか屋内へ

・懐中電灯など非常用品の確認

・ブラインドを下ろすなど室内からの安全対策

・避難場所への行き方を確認し、避難指示や勧告にすぐに対応できるように準備

【接近したら】

・最新の気象情報をチェック

・不要不急の外出、屋外の作業は控える

・増水した小川や側溝は境が見えにくい。油断せず、むやみに近づかない

(気象庁の資料などから)

関連ニュース